SRPG Studio ~ シミュレーションRPG作成ソフト

カスタムパラメータの使用

カスタムパラメータとは、ユーザーが独自に定義するパラメータのことです。 たとえば、「データ設定」の「クラス」で、こういったデータを設定できたらという思いがあった場合に、 そのデータをユーザー自身が定義することができます。 例として、クラスにカスタムパラメータを設定してみましょう。

カスタムパラメータは、json形式で設定することになります。 まず、全体は{}で囲まれている必要があります。 パラメータの指定方法は、"名前:値"の形式であり、 上図の例であればcrtというパラメータに10を設定しているということになります。 パラメータを増やしたい場合は、,をつけて区切ることになります。

このようにすると、crtだけでなくdefというパラメータも設定したことになります。

上図の設定で何が起こるかというと、現時点では何も起こりません。 crtという独自のパラメータを定義しても、それをゲーム側が無条件で理解できるわけではないため、 crtというパラメータを使用して何かを行うスクリプトが必要になるのです。 今回は、下記のスクリプトを例に取り上げます。

(function() {

var alias1 = AbilityCalculator.getCritical;
AbilityCalculator.getCritical = function(unit, weapon) {
	var percent = alias1.call(this, unit, weapon);
	var cls = unit.getClass();
	
	// カスタムパラメータにcrtが存在し、数値が設定されているか調べる
	if (typeof cls.custom.crt !== 'number') {
		return percent;
	}
	
	if (percent < 0) {
		percent = cls.custom.crt;
	}
	else {
		percent += cls.custom.crt;
	}
	
	return percent;
};

})();
	

このスクリプトは、クラスがcrtという名前のカスタムパラメータを持つ場合に、 クリティカル率を指定分だけ上昇させます。 このようなカスタムパラメータを参照するスクリプトが存在することにより、 カスタムパラメータは初めて意味を持ちます。 なお、上記コードは公式サンプルのcustom-class.jsの中身です。

有志のスクリプトを導入するユーザーは、基本的にカスタムパラメータの設定を先に行うことはありません。 まず、導入したいスクリプトをダウンロードし、 そのスクリプトがどのようなカスタムパラメータを必要としているのを調べてから、 カスタムパラメータを設定することになるでしょう。 スクリプトの開発者は、ファイルの冒頭などに使用できるカスタムパラメータを記載するのが好ましいといえます。

目次

スクリプト・マニュアル

ヘルプ・マニュアル