SRPG Studio ヘルプ・マニュアル

エディタ使い方

その他

メッセージの制御文字(描画系)

イベントコマンドの「メッセージの表示」、「メッセージテロップ」、「スチルメッセージ」は次の文字を含むことができます。たとえば、\C[1]テキスト\C[0]と記載すると、テキストという文字の色が変化します。対象のテキストは、常に挟むようにします。範囲の終わりを示す際は、0を指定します。

キーワード 説明
C テキスト色変更を表します。\C[1]のように記述します。この場合であれば、テキストは青色で表示されます。[]内に記述できる数値は、0(デフォルト)、1(青)、2(黄)、3(緑)、4(赤)、5(紫)、6(灰)、7(黒)です。それ以外は白です。
F フォント変更を表します。\F[2]のように記述します。この場合であれば、データ設定のフォントで作成されたid2のフォントが使用されます。
font フォント変更を表します。\font[2]のように記述します。この場合であれば、上から2番目のフォントが使用されます。\fontより\Fの使用が推奨されます。
fs フォントのサイズを表します。\fs[20]のように記述します。
fw フォントの太さを表します。\fw[1]のように記述します。
fi フォントスタイルを表します。\fi[1]のように記述します。
ts 打ち消し線を表します。\ts[1]のように設定します。
tu 下線を表します。\tu[1]のように設定します。

メッセージの制御文字(システム系)

イベントコマンドの「メッセージの表示」、「メッセージテロップ」、「スチルメッセージ」は次の文字を含むことができます。

キーワード 説明
. 短い間待機します。\.のように記述します。
_ ある程度待機します。\_のように記述します。
wa 任意の間待機します。\wa[30]のように記述します。
at 自動でページが進みます。\at[30]のように記述します。通常、次のページに切り替わるためには決定キーを押す必要がありますが、これを使用すれば自動で切り替わるようになります。[]内には、切り替わるまでの待ち時間を指定します。
sp 文字スピードを表します。\sp[1]のように記述します。この場合であれば、速度は普通になります。0が高速、1が普通、2が低速になります。
vo ボイスを表します。\vo[a]のように記述します。この場合であれば、a.oggが再生されることになります。

メッセージの変数

イベントコマンドの「メッセージの表示」、「メッセージテロップ」、「スチルメッセージ」は次の文字を含むことができます。

キーワード 説明
act アクティブなユニットを表します。\actのように使用します。アクティブなユニットの名前が表示されます。
pdb プレイヤーのデータを表します。\pdb[1]のように使用します。この場合、データ設定のプレイヤーで設定されたID1のデータの名前が表示されます。
cdb クラスのデータを表します。\cdb[1]のように使用します。この場合、データ設定のクラスで設定されたID1のデータの名前が表示されます。
wdb 武器のデータを表します。\wdb[1]のように使用します。この場合、データ設定の武器で設定されたID1のデータの名前が表示されます。
idb アイテムのデータを表します。\idb[1]のように使用します。この場合、データ設定の武器で設定されたID1のデータの名前が表示されます。
sdb スキルのデータを表します。\sdb[1]のように使用します。この場合、データ設定の武器で設定されたID1のデータの名前が表示されます。
T ターン数を表します。\Tのように使用します。現在のターン数を表示します。
G ゴールドを表します。\Gのように使用します。現在の所持ゴールドを表示します。
B ボーナスを表します。\Bのように使用します。現在の所持ボーナスを表示します。
va1 グループ1の変数を表します。\va1[1]のように使用します。この場合、ID1のデータの名前が表示されます。グループ2を対象にしたい場合はva2、グループ3を対象にしたい場合はva3のようにします。

スクロールテキストブロック

イベントコマンドの「メッセージスクロール」は次の文字を含むことができます。

キーワード 説明
space 間隔を表します。\space[30]のように使用します。次のスクロールテキストブロックを表示する時間を遅らせます。
pic 画像を表示します。\pic[sample]のように使用します。この場合であれば、オリジナルのpictureのsampleという名前の画像が表示されます。