SRPG Studio ~ シミュレーションRPG作成ソフト

アニメーションのマップチップ

通常のマップチップではなく、アニメーションするマップチップを使用するためには、 少し複雑な手順を踏むことになります。 まず、アニメーションするマップチップの形式を水路のマップチップを通じて確認します。

このファイルの名前は、!3水路になっています。 !はマップチップがアニメーションするマップチップであることを示します。 その後の3という数値は、ループする間隔になります。 上図の赤枠で示した通り、このファイルは3ループを想定しています。 この他、数値の後に#をつけることもできます。 通常、アニメーションのループは1→2→3→1の順番ですが、 #をつけると1→2→3→2の順番になります。

アニメーションするマップチップをインポートしても、 既定でマップエディタのツリーに表示されることはありません。 このため、!3海、!3水路、!3#アニメ置物は、 マップエディタのランタイムツリー以下に表示されていません。 それでは、どのようにしてアニメーションするマップチップを使用するのかというと、 マップツリーという仕組みを使用します。 例として、ランタイムツリーにある屋内を確認してみましょう。

この中身で注意するべきところは3点あります。 1つ目は屋内のマップチップで構成されているように見えて、 !3水路のマップチップも含まれている点です。 2つ目は、屋内のマップチップの上ではなく下に!3水路が表示されている点です。 そして3つ目は、!3水路のマップチップで表示されているのは、 最初の3行のみ、つまり1ループ目だけという点です。 この仕組を実感するために、屋内と!3水路を組み合わしたマップツリーを作成してみましょう。 まず、メニューの「オプション」の「上級」を開き、ツールの「マップツリー」を有効にするにチェックを入れます。

これによって、ツールメニューに「マップツリー」という項目が表示されるため、これを選択します。

すると、次のダイアログが表示されます。

まず、「マップツリーの作成」ボタンで新規のマップツリーを作成します。 次に、2つあるラジオボタンの中で「複数画像を使用する」を選択します。 このことからも想像できるように、マップツリーは複数のマップチップを統合したものです。 マス目を選択するとマップチップを選択できますが、 上図では屋内のマップチップが!3水路のマップチップより上に位置している点に注目してください。 これにより、屋内が!3水路よりも先に表示されることになります。 OKを選択すると、マップエディタのオリジナルの下に、独自のマップツリーが追加されていることを確認できます。

上図から分かるように、屋内と!3水路のマップチップが一つのマップツリーに統合されています。 この統合により、水路のマップチップを配置したい場合に、 選択するマップツリーを切り替えるという手間が省ける利点があります。 また、1行目のループゾーンしか表示されないため、どの位置を選択すればよいか迷うことはありません。

目次

ヘルプ・マニュアル

スクリプト・マニュアル