大きいマップチップ|SRPG Studio ~ シミュレーションRPG作成ソフト

SRPG Studio ~ シミュレーションRPG作成ソフト

大きいマップチップ

SRPG Studioにおけるマップチップのサイズは32×32ですが、 これはゲームレイアウトのマップレイアウトから変更することができます。

今回は48×48のサイズを入力し、OKを押したもの仮定します。 この場合、当然ながら48×48のマップチップファイルを用意する必要がありますが、 上図で記載されているように、mapcursorとpanelも48×48のサイズで揃える必要があります。 これらを踏まえ、今回は以下のファイルを使用するものとします。





各種ファイルは、プロジェクトフォルダ内のGraphics/mapchip、UI/mapcursor、UI/panelに事前に配置しておきます。 配置が完了すれば、画像データの確認、及びUIデータの確認から、リソースを追加します。 マップチップを追加すれば、マップエディタは次のように表示されます。

オリジナルの下に、独自サイズのマップチップが追加されていれば成功です。 ランタイムが空白になっているのは仕様になります。 ランタイムのマップチップサイズは32×32ですから、 これ以外のサイズが設定されている場合は使用できないことになります。

既にマップテストを実行できる段階になっていますが、 その前にリソース使用箇所のUIタブを開きます。

この中の「マップカーソル」、「出撃パネル」、「移動パネル」、「範囲パネル」を 独自の画像で差し替えます。 マップカーソルは、ゲーム時にマップチップに合わせて表示されるため、 マップチップのサイズが変更される場合は、マップカーソルも変更する意味になります。 マップテストで以下のように表示されれば、成功になります。

目次

ヘルプ・マニュアル

スクリプト・マニュアル