SRPG Studio ~ シミュレーションRPG作成ソフト

オリジナル素材の使用

プロジェクトフォルダを作成すると、 GraphicsやAudioといったフォルダが作成されます。 オリジナル素材を使用するためには、 まずこのフォルダに使用したい素材ファイルを配置する必要があります。 試しにGraphicsフォルダを選択してみましょう。

素材の種類によって、どのフォルダ内に配置するかを決定します。 たとえば、独自の顔画像を使用したい場合は、faceフォルダを選択します。

そして、この中に顔画像のファイルを配置します。

このように、目的のフォルダへ使用したいファイルを配置します。 この作業が終わったら、エディタを起動し、プロジェクトファイルを開きます。 そして、「リソース」の「画像データの確認」を選択します。

ランタイムの下には、SRPG Studioに既定で存在しているリソースが並びます。 一方、オリジナルの下には、独自に追加したリソースが並びます。 独自の顔画像を追加する場合は、オリジナルのfaceを選択します。 この状態で追加ボタンを押すことで、リソースの追加処理が可能になります。

このダイアログの左側には、対象フォルダ内に配置されたリソースが表示されます。 faceフォルダにはオリジナルキャラ.pngというファイルを配置したため、ここにはそのファイルが表示されています。 これを選択してOKを選択すれば、次のようになります。

faceの下に、オリジナルの画像が追加されていることを確認できます。 この状態でOKを選択すれば、追加は完了したことになります。

追加したオリジナルの画像をゲーム上で使用してみましょう。 「データ設定」のプレイヤーを開き、顔画像を選択します。

オリジナルのfaceの下から、先ほど追加した画像を選択してOKを押します。 すると、次のように反映されます。

これで、ユニットにオリジナルの顔画像が設定されたことになります。 ゲーム上でこのユニットを表示すれば、 実際に顔画像の表示を確認できます。

目次

ヘルプ・マニュアル

スクリプト・マニュアル