SRPG Studio ~ シミュレーションRPG作成ソフト

アップデート情報

SRPG Studio製品版をお買い求めいただいた
ユーザー向けのアップデートプログラムになります。

アプリケーションの「ヘルプ」から「バージョン情報」を選択していただき、
表示が上図のように1.185になっていない場合は、下記よりアップデートプログラムを
ダウンロードして実行してください。
※バージョンが1.182以下の場合は、こちらから追加素材込の安定版を先にダウンロードしてください。

ダウンロード

2018/5/7の更新 (Ver 1.185)

  • 【要望】ゲームレイアウトに「マップレイアウト」を追加
    マップチップのサイズを任意(48×48など)に変更できます。
    大きいマップチップファイルを用意するだけでなく、
    ui/mapcursorとui/panelに対しても大きい画像を用意し、
    リソース使用箇所/UIのマップカーソル、出撃パネル、移動パネル、範囲パネルに
    登録する必要があります。
  • 【要望】バランス調整に「パラメータ調整」を追加
    現在マップの全ての敵の力を+1するなどが可能になりました。
  • 【バグ】複数登場した援軍を捕獲した際の不具合を修正

2018/4/27の更新 (Ver 1.184)

  • 【要望】データ設定のダイアログ上での右クリックでショートカットを登録できるように対応
    リストにデータが大量に存在する場合でも即座に目的のデータを見つけやすくなります。
    データ設定のプレイヤー、クラス、武器、アイテム、スキル、ステート、グローバルスイッチ
    アニメーションのオリジナルモーション、オリジナルエフェクト、
    イベントのマップ共有、回想、ブックマークで有効です。
  • 【要望】情報ウインドウと世界観説明で制御文字を使用できるように対応
  • 【バグ】制御文字Tの不具合を修正
  • 【バグ】オリジナルデータのタブの不具合を修正

2018/4/20の更新 (Ver 1.183)

  • 【要望】ゲームレイアウトに「リソースレイアウト」を追加
    キャラチップとアイコンを任意のサイズに変更できます。
    ゲーム上での表示は任意サイズを想定していないため、
    この機能を使用する場合はスクリプトの変更も必要になります。
  • 【要望】データ設定/コンフィグに「オリジナルデータ」を追加
    カスタムパラメータ同様にスクリプトからのみ使用できるデータですが、
    種類ごとに分けれる利点があります。
  • 【要望】イベントコマンド/スクリプトの実行に「オリジナルデータ」を追加
    スクリプトにプロパティを渡せるだけでなく、オリジナルデータで設定したデータも渡すことができます。
    ID変数を指定できるのが特徴的です。

2018/4/17の更新 (Ver 1.182)

  • 【バグ】フレームプロパティを開いた際に、フレームの選択位置が不正になる不具合を修正

2018/4/10の更新 (Ver 1.181)

  • 【要望】データ設定/クラスに戦士系5,6,7,8を追加
  • 【要望】アニメーション/ランタイムモーションに戦士系モーションを追加
  • 【要望】おまけ素材を更新

2018/3/28の更新 (Ver 1.180)

  • 【要望】フレームを再生しなくても、敵オフセットのダメージモーションが反映されるように対応
  • 【要望】マップユニットHPのゲージをリソース使用箇所で設定できるように対応
  • 【要望】ツール/オプション/上級に「新規のクラスと武器はオリジナルがデフォルト」を追加
  • 【バグ】拠点の会話選択画面でアイコンが表示されない不具合を修正

2018/3/19の更新 (Ver 1.179)

  • 【要望】アニメ情報に「攻撃時に敵をずらす」を追加
    戦闘時に敵を空中に浮かすなどの目的で使用します。
    フレームのプロパティから敵に対する座標を指定できます。
    ずらすと同時にダメージモーションにする場合は、モーションタイプで予め番号を設定しておきます。
    一部敵はずらしたくない、あるいは浮く際の高さを抑えたい場合は、各モーションの詳細情報で設定します。
    攻撃ミスの際はずれないため、命中が確定している「クリティカル直接とどめ」などで使用することが推奨されます。
  • 【バグ】「メッセージの表示」コマンドのコピー不具合を修正
  • 【バグ】簡易攻撃エフェクトの不具合を修正

2018/3/10の更新 (Ver 1.178)

  • 【バグ】簡易攻撃で回避時に動かない不具合を修正

2018/3/9の更新 (Ver 1.177)

  • 【要望】武器タイプのアイテムタブに「同時許可数」を追加
    防具の効果を何個まで許可できるかを設定できます。
    許可数を越えて、パラメータボーナスと追加スキルは反映されません。
  • 【要望】武器エフェクトに「簡易攻撃」を追加
    簡易戦闘において表示されます。
    簡易攻撃エフェクトの命中判定に入った段階で簡易ダメージが表示されます。
  • 【バグ】拠点のローカルスイッチの動作不具合を修正
  • 【バグ】形態変化における複数アイテム変換の動作不具合を修正

2018/2/25の更新 (Ver 1.176)

  • 【要望】ロード/セーブ画面の外観を変更
    セーブを実行すると、セーブファイルにリーダー情報や勢力情報が保存されます。
    旧式の画面に戻すには、ゲームオプションの「ロード/セーブ画面でサムネイルを表示する」を外します。
  • 【要望】スクリプトのapiマニュアルの記載漏れメソッドを更新
  • 【バグ】ダメージアイテム撃破における勝利ユニットidの不具合を修正
  • 【バグ】ステートアイコンの無効の不具合を修正
  • 【バグ】ブックマーク登場ユニットに個別idが与えられない不具合を修正
  • 【バグ】ステートの自動解除条件の動作不具合を修正

2018/2/13の更新 (Ver 1.175)

  • 【要望】イベントコマンドに「オブジェクトの調整」を追加
    「画像」、「アニメーション」、「移動オブジェクト」を移動や回転できます。
  • 【バグ】ショップ関連の削除不具合を修正
  • 【バグ】非同期アニメを表示した状態でユニットの全体処理を行った際の不具合を修正

2018/2/1の更新 (Ver 1.174)

  • 【要望】プロジェクトのリリース時に素材単位で暗号化できるように対応
    「データを暗号化する」にチェックを入れ、「Audio」のチェックを外した場合は、
    音楽素材がdata.dtsに統合されずファイルとして存在しますが、
    その中身は暗号化された状態になります。
    data.dtsのサイズが大きすぎることでゲームの起動に失敗する場合は、この方法を使用します。
  • 【バグ】敵ターン進捗の不具合を修正

2018/1/25の更新 (Ver 1.173)

  • 【要望】「イベントのスキップ」にターンスキップ防止を追加
    ゲーム時の環境画面で「敵ターンスキップ」を有効にしている場合でも、
    確実にイベントを表示したい場合に使用します。
  • 【要望】ゲームオプションに「敵ターンスキップで進捗を表示する」追加
    大量の敵ユニットを扱う場合はスキップ時に時間がかかり、ウインドウを操作できなくなるため、
    このオプションを使うことが推奨されます。
  • 【要望】リアル戦闘時の処理を高速に対応
  • 【要望】マップユニットHPの表示を高速に対応

2018/1/18の更新 (Ver 1.172)

  • 【バグ】拠点イベントの実行不具合を修正
  • 【バグ】ユニットメニューのアイテムウインドウの不具合を修正

2018/1/16の更新 (Ver 1.171)

  • 【バグ】「武器破損時にドロップトロフィーを削除する」がアイテムの使用に適用されない不具合を修正
  • 【バグ】ユニットの移動で非イベントユニットを扱えないの不具合を修正
  • 【バグ】パターンデータのコピーが機能しないことがある不具合を修正
  • 【バグ】マップにアクセスできない場合のマップ共有イベントの不具合を修正

2018/1/9の更新 (Ver 1.170)

  • 【バグ】フュージョン中補正に関する不具合を修正
  • 【バグ】ブックマークユニットを登場させた際にずれる不具合を修正
  • 【バグ】ユニットの登場コマンドをブックマークイベントにコピーした際の不具合を修正

2018/1/6の更新 (Ver 1.169)

  • 【要望】テストプレイ時のデバッグメニューから敵の行動順を表示できるように対応
    エディタのオプション/マップで「ユニットの配置モードを表示する」をチェックしている場合は、
    エディタ上でも行動順を表示できます。
  • 【要望】プレイヤーの詳細情報でカットイン(スキル)を設定できるように対応
    スキルの発動時にカットインを表示させることが可能になりました。
  • 【要望】フュージョン中補正でフュージョン中ユニットの能力を参照できるように対応
  • 【要望】敵ユニットダイアログにパターンデータのコピーを追加
  • 【バグ】Materialフォルダに関する不具合を修正
  • 【バグ】戦闘時に「画像の表示」の座標がずれることがある不具合を修正
  • 【バグ】id表示有効時におけるプロトタイプ情報の不具合を修正
  • 【バグ】Pluginのcustom_unit.jsに関連する不具合を修正

2017年の更新履歴はこちらから確認できます
2016年の更新履歴はこちらから確認できます
2015年の更新履歴はこちらから確認できます
素材の更新履歴はこちらから確認できます