SRPG Studio ~ シミュレーションRPG作成ソフト

アップデート情報

DLsiteでSRPG Studio製品版をお買い求めいただいた
ユーザー向けのアップデートプログラムになります。

アプリケーションの「ヘルプ」から「バージョン情報」を選択していただき、
表示が上図のように1.243になっていない場合は、下記よりアップデートプログラムを
ダウンロードして実行してください。
※バージョンが1.240以下の場合は、こちらから追加素材込の安定版を先にダウンロードしてください。

ダウンロード

2021/9/10の更新 (Ver 1.243)

  • 【バグ】イベントをスキップした時に「コマンドジャンプ」が正しくジャンプしない不具合を修正

2021/9/1の更新 (Ver 1.242)

  • 【要望】イベントコマンドのイベント系に「コマンドジャンプ」を追加
    3つ前のイベントコマンドに戻ることでループを実現するなどの目的で使用します。
  • 【要望】イベントコマンドの「選択肢の表示」などの「並び替え」項目内で、右クリックによる「複製」に対応
  • 【要望】アニメーションダイアログの「オリジナルモーションにコピー」が複数選択に対応

2021/8/23の更新 (Ver 1.241)

  • 【要望】勝利条件と敗北条件を別マップにコピーしやすく対応
  • 【要望】「追加スキル」ダイアログの左リスト上でコピー/貼り付けに対応
  • 【要望】「変数の調整」ダイアログ内で新規変数を作成できるように対応
  • 【要望】右クリックメニューによるショートカットを表示できる箇所を増加
    「プレイヤーの選択」、「アニメの選択」、「スキルの増減」、「ユニットのステート付与」、
    支援発生条件(スイッチ)、「追加スキル」ダイアログなどです。
  • 【バグ】root.getCurrentSession().getEnemyList()とcur_map.getListFromUnitGroup(UnitGroup.ENEMY)の結果が同一な不具合を修正
    後者はエディタで設定した未変更データを取得でき、現在の難易度条件を満たさないユニットも含まれます。
  • 【バグ】ベアの直接攻撃1と2の効果音が「怪力」に設定されていなかった不具合を修正
  • 【バグ】イベントコマンドの「動画の再生」でF12キーなどの検出が無効になっていた不具合を修正
  • 【バグ】アイテムの使用をキャンセルした時のスクロール不具合を修正
  • 【バグ】公式プラグインのscriptexecute-videoplayer.jsの不具合を修正
  • 【バグ】公式プラグインのrenderer-unit.jsがgame.exeと正しく連携できない不具合を修正

2021/8/9の更新 (Ver 1.240)

  • 【要望】runtime.rtsに12体の新モーションを追加
    アニメーションダイアログのランタイムモーションから新モーションを確認できます。
  • 【要望】ランタイムモーション上の右クリックメニューの「デフォルトに戻す」を機能拡張
    何らかの原因で、ランサー男が複数作成されているような場合、この項目を通じてIDが正しくない側のランサー男を破棄できます。
  • 【要望】おまけ素材に巨大紋章を追加

2021/7/29の更新 (Ver 1.239)

  • 【バグ】在庫を買切って、セーブせずにロードした場合、在庫切れが維持される不具合を修正
  • 【バグ】game.exeを初回フルスクリーン起動する際の不具合を修正

2021/7/20の更新 (Ver 1.238)

  • 【要望】公式プラグインにconfig-softwarescreen.jsを追加
    game.iniでソフトフルスクリーンしているを許可している場合、ゲームの環境コマンドに画面解像度が表示されます。
    この項目を通じて、全画面でない解像度変更が可能になります。
  • 【要望】データ設定/プレイヤーの詳細情報ダイアログで、コピー/貼り付けに対応
  • 【要望】マップ情報/BGMの設定で、コピー/貼り付けに対応
  • 【バグ】リアルバトルでの画面効果の不具合を修正
  • 【バグ】公式プラグインのface-changeclass.jsとface-disablereverse.jsの不具合を修正

2021/7/9の更新 (Ver 1.237)

  • 【要望】「変数の調整」と「イベント条件/変数」でパラメータボーナスを考慮するチェックを追加
  • 【要望】アイテムの耐久の上限入力値を999から99999に変更
  • 【要望】公式プラグインにショップの在庫を変動させるscriptexecute-inventorycontrol.jsを追加
  • 【バグ】反撃時に「初回攻撃カットイン」が発動する際に、他エフェクトが残ったままだと、正しく表示されない不具合を修正
  • 【バグ】敵に対してsetClassメソッドを実行した場合、新クラスの難易度ブーストが反映されない不具合を修正
  • 【バグ】スプライトプロパティダイアログでの編集で、値の設定が反映されないことがある不具合を修正

2021/7/2の更新 (Ver 1.236)

  • 【バグ】簡易戦闘で不必要なスクロールが発生する不具合を修正
  • 【バグ】リアル戦闘において、回避とダメージ受けの時までも、エフェクトがモーションに追随する不具合を修正

2021/6/27の更新 (Ver 1.235)

  • 【要望】周回プレイ特典にグローバルスイッチを設定できるように対応
    特定のグローバルスイッチがオンになった記録が環境ファイルにあれば、そのアイテムは画面に表示されます。
  • 【要望】スクリプトのVideoManagerにchangeVolumeメソッドを追加
    公式プラグインのscriptexecute-videoplayer.jsにコンフィグ画面で音量調整できる機能が追加されました。
  • 【要望】アニメーションダイアログの拡大率で変更した時、中心ベースで拡大するよう変更(x,yが同時変更します)
  • 【要望】特定の武器での戦闘は簡易戦闘になるcustom-weaponanimeoff.jsを公式プラグインに追加
  • 【バグ】簡易戦闘でのユニットイベントで「場所注目」を実行した場合、戦闘ユニットの表示がずれる不具合修正
  • 【バグ】リアル戦闘でのエフェクト再生時において、初期フレームの拡大率に依存していたのを修正
  • 【バグ】経験値とアニメが設定されていない蘇生アイテムを使用した場合の耐久不具合を修正
  • 【バグ】イベントコマンドの「セーブ画面呼び出し」によるユニット待機不具合を修正
  • 【バグ】「破損時の武器」を売却した場合の不具合を修正

2021/6/12の更新 (Ver 1.234)

  • 【要望】データ設定/コンフィグ/ゲームオプションに「敵AIは支援情報を考慮する」を追加
    敵AIがスコア計算時に、自身及びターゲット(自軍ユニット)の支援をチェックします。
  • 【要望】場所イベントの「詳細情報」で変数を設定できるように対応
    変数を設定している場合、スクリプトのPlaceEventInfo.getX(Y)は、変数に格納されている値を返します。
    場所イベントの位置を移動させたい場合に使用します。
  • 【要望】ダイアログ上の右クリックショートカットで、グローバルスイッチをサポートする箇所を追加
    イベント条件スイッチ(グローバル)、スイッチアイテム、世界観設定のスイッチが対応しました。
    肥大化しやすいグローバルスイッチをショートカットを通じて発見しやすくできます。
    事前にGSダイアログで右クリックしてショートカットを作成しておきます。
  • 【要望】「データ設定/コンフィグ/スクリプト」でフォーマットチェックを行うように対応
    グローバルパラメータと環境パラメータにjson形式でないデータを入力した場合に警告が表示されるようになりました。
  • 【要望】「地形効果の選択」ダイアログで右クリックメニューを出せるように対応
  • 【要望】イベントコマンドの実行条件にスクリプトを使用している場合、関数名を表示するように対応
  • 【バグ】「ダメージを与える」イベントコマンドを連続再生した場合の不具合を修正
    オープニングイベントでXキーを押しっぱなしの場合に症状が発生していました。

2021/6/7の更新 (Ver 1.233)

  • 【要望】Dlsite版のSRPG StudioからもSteam APIを使用できるように対応。
    今回以降のアップデートでは、インストールフォルダにgame.exeだけでなく、game_s.exeも出力されます。
    「Steam APIを使用する」にチェックしている状態でゲームをリリースした場合、
    game_s.exeがgame.exeに改名されて公開フォルダに出力されます。
    game_s.exeはsteamapi.libをリンクしているので、このファイルはSteam API(steam_api.dllの関数)を呼び出すことができます。
    ただし、Dlsite版のSRPG Studioにはsteam_api.dllが付属しないので、
    このファイルはSteamWorks SDKから別途ダウンロードして公開フォルダに配置します。
  • 【要望】Steamworksに「実績」を設定していない状態でも、Steam APIを試行できるように対応
    「スクリプトの実行/コード実行」で、root.msg(root.getSteamManager().getAppID());を記述し、
    表示された値がSteamによって付与された値であれば、Steam APIは正常に使用できています。
  • 【バグ】「ベースBGMに戻る」が回想イベント以外の場面でも正しく機能しないことがある不具合修正
  • 【バグ】エンディング後にタイトル画面に戻る際に、一瞬マップが表示される不具合を修正
  • 【バグ】イベントでキャッチして即座にリリースする際に、スキップが介入した際の不具合を修正

2021/6/4の更新 (Ver 1.232)

  • 【要望】マップファイルのフォーマットを大幅に刷新
    従来のマップのエクスポートでは、.smapと.sysmapが作成されましたが、このバージョンから.smapのみになりました。
    従来では、.smapの読み込みが別マップに影響が出ることがありましたが、この問題も解決されました。
    サンプルとして、公式ダウンロード素材のPV素材の一枚絵マップを読むことができます。
  • 【要望】Steam版のSRPG Studioのファイルメニューに「Steam設定」を追加
    ゲームをSteam上で公開する場合は、ここでゲームのAPPIDを設定します。
    この設定している場合、ゲームのリリース時にsteam_appid.txtとsteam_api.dllが出力されます。
  • 【要望】スクリプトメソッドとしてroot.getSteamManager().setAchievementを追加
    このメソッドを呼び出すには、Steamworksでゲームに「実績」を設定しておく必要があります。
    また、「Steam設定」ダイアログで「Steam APIを使用する」にチェックしておく必要があります。
    「スクリプトの実行/コード実行」で、root.getSteamManager().setAchievement('API名');を記述して「実績」を有効化できます。
  • 【バグ】回想イベントで「ベースBGMに戻る」を選択した場合、イベントが終了しても画面BGMに戻らない不具合を修正
  • 【バグ】スクリプトの_slideObject参照時にnullチェックしていない不具合を修正
  • 【バグ】「イベント条件/アイテム」でID変数を使用した際に、エディタ側で「なし」と表記される不具合を修正

2021/5/29の更新 (Ver 1.231)

  • 【要望】マップ情報ダイアログの「マップのシフト」ボタンに「イベントコマンド」チェックを追加
    チェックした場合、位置情報を持つイベントコマンド(ユニットの登場など)の座標もずれます。
  • 【要望】ツール/オプションのgame.iniタブに「Escキーによる終了確認」を追加
  • 【要望】BGMをループせずに再生するMediaControl.musicPlaySingleを追加
  • 【要望】槍のみを修理可能にするようなother-durabilitychangeex.jsを公式プラグインに追加
  • 【バグ】キャッチしたユニットをリリースする際にスキップが発生した場合の位置ずれ不具合を修正

2021/5/26の更新 (Ver 1.230)

  • 【要望】「イベント条件/変数」で複数の変数を判定に使用できるように対応
  • 【要望】公式プラグインにface-changeclass.jsとface-disablereverse.jsを追加
  • 【バグ】game.exeの実行時において、差し替えられた他ゲームのenvironment.evsでも考慮してしまう不具合を修正
  • 【バグ】「セーブ画面呼び出し」によるファイルセーブを「自動開始イベント」で実行した際の不具合を修正
  • 【バグ】「ユニットの全体処理」で「ユニットの所属変更」を実行した場合の不具合を修正

2021/5/10の更新 (Ver 1.229)

  • 【要望】エディタのファイルメニューから、「environment.evsの設定」を選択できるように対応
    このダイアログでは、environment.evsに対するデフォルト値を設定できます。
    これまで、ゲームリリース時にenvironment.evsが出力されるようになっていましたが、
    このバージョンからはgame.exeの起動時に、設定されたデータに基づいてファイルが生成されるよう変更されました。
  • 【バグ】アニメーションダイアログで「次のフレームにコピー」を選択した際に、追加スプライト2以降が考慮されない不具合を修正

2021/5/7の更新 (Ver 1.228)

  • 【要望】オプションダイアログに「バックアップ」タブを追加
    「バックアップする間隔」に1以上を設定することで、プロジェクトファイルがバックアップされます。
    既定ではプロジェクトフォルダ内にBackupフォルダが作成されます。
    バックアップファイルは分刻みで上書きされますが、日をまたぐと新規に作成されます。
  • 【要望】スクリプトのEventオブジェクトにuseCachedEventPageを追加
    startEvent内でもisEvent内と同等の処理が従来では行われていたので、キャッシュを使用して処理コストを軽減します。
    また、isEventの呼び出しコストがgetExecutedMarkよりも高い事から、この2つの呼び出し順序を逆転させています。
  • 【要望】スクリプトのImageオブジェクトにgetAnimationLoopIndexメソッドを追加
  • 【バグ】「ユニットの所属変更」で「アクティブ」のチェックが機能していない不具合を修正
  • 【バグ】アニメーションのマップチップファイルの名前が2桁の数字を考慮しない不具合を修正
  • 【バグ】「マップを開く」を選択した状態で、プロジェクトを連続で読み込んだ際にクラッシュする時がある不具合を修正
  • 【バグ】「アニメーションの再生」において、反転かつ回転したスプライトを正しい位置で表示できない不具合を修正
  • 【バグ】アイテム交換を許可しないフュージョンでも、隣接ユニットがいれば交換できてしまう不具合を修正
  • 【バグ】マップ開始時に「イベントコマンドの全体処理」をした場合、ゲストユニットが2回考慮される不具合を修正

2021/4/24の更新 (Ver 1.227)

  • 【要望】武器の専用データにアイテムタイプを追加
    杖を使用可能な時に魔法武器が使えるような目的で使用します。
  • 【要望】公式プラグインにcustom-weaponsound.jsを追加
    戦士系の武器の「直接攻撃2」の効果音を個別に設定します。
    「直接攻撃1」の効果音と変化させる目的で使用します。
  • 【要望】スクリプトのユニットオブジェクトにisGeneratableメソッドを追加
    主にcur_map.getListFromUnitGroup(UnitGroup.ENEMYEVENT)で取得したユニットで使用します。
    isGeneratableメソッドを呼び出すことで、ユニットが「登場の条件」を満たしているかを確認できます。
  • 【要望】アニメーションダイアログでモーションタイプを右クリックした際の、データ引継ぎを拡張
    右クリックする前にリストを複数選択していた場合、複数のデータに引継ぎを行えます。
  • 【要望】「ユニットの所属変更」で自軍を敵軍に変更できるよう対応
  • 【要望】スクリプトのdrawAttackNumberCenterで1万以上のHPを考慮するよう対応
  • 【要望】被ダメージが0の際にはリアルバトルで敵をずらさないように対応
  • 【バグ】「ユニットの移動」コマンドで無効なIDが渡された場合にゲームがクラッシュする不具合を修正
  • 【バグ】ステート回復アイテムの情報ウインドウに「射程」が含まれない不具合を修正
  • 【バグ】クラスチェンジ画面のスキルウインドウが正しく更新されないことがある不具合を修正
  • 【バグ】「スクリプトの実行/コード実行」で存在しないコードを指定した場合のエラー表記不具合を修正

2021/4/10の更新 (Ver 1.226)

  • 【要望】公式プラグインにscriptexecute-videoplayer.jsを追加
    このプラグインを使用することにより、指定位置に複数個、動画を再生できます。
  • 【要望】スクリプトにVideoManagerオブジェクトとVideoオブジェクトを追加
    root.getVideoManager().createVideoを呼び出すことでVideoオブジェクトを作成できます。
    root.getMaterialManager().createVideoもサポートされました。
    scriptexecute-videoplayer.jsは、これらのメソッドの使用例を示しています。
  • 【要望】Videoオブジェクトによる再生では、ゲームの進行を停止しないよう対応
    これにより、動画を再生しながら後続イベント(テキスト表示など)を実行できるようになりました。
    動画の上には一切の描画が反映されないこと、動画の上からマウスクリックを受信できないこと、
    動画は透過して再生できないことに注意してください。
    ※イベントコマンドの「動画の再生」は、従来通りの仕様になります(画面全体表示かつ、後続イベントは動画が終了するまで実行されません)。
  • 【要望】スプライトプロパティのアクティブタブを視覚的に分かりやすいように色付けするよう対応
  • 【要望】6周年記念で追加される予定素材を更新
  • 【バグ】回想イベントでBGMを変更した時、イベントが終了しても画面BGMに戻らない不具合を修正

2021/4/1の更新 (Ver 1.225)

  • 【要望】スクリプトのroot.saveScreenShotに戻り値を追加
  • 【要望】ツール/オプション/エディタに「アプリケーションの二重起動を防止する」を追加
  • 【バグ】ソフトウェアレンダリング時でもリリースゲームでスクリーンショットを得られない不具合を修正
  • 【バグ】クラスチェンジ(形態変化)アイテムを「単体」以外に設定された状態を維持できる不具合を修正

2021/3/18の更新 (Ver 1.224)

  • 【要望】セーブファイルのロードが失敗する際にアイテムが起因している場合はメッセージを表示するよう対応
    このロードエラーは、スクリプトでroot.duplicateItemを経由せずにアイテムを使用した場合に発生します。
  • 【バグ】オリジナルエフェクトをエクスポートする際に独自モーションタイプを考慮してしまう不具合を修正
    これにより、エフェクトsaniのインポート時に独自モーションタイプが保存されなくなります。
  • 【バグ】マップサムネイル版のセーブ画面のリーダーユニットが「条件表示」を考慮しない不具合を修正
    クラス/条件表示/キャラチップが考慮されます。CustomRendererが適応されている場合は考慮されません。
  • 【バグ】640×480のマップサムネイル版のセーブ画面で難易度アイコンが表示されない不具合を修正
  • 【バグ】ストックカテゴリを切り替えた時にアイテム情報ウインドウが更新されない不具合を修正
  • 【バグ】回想イベントダイアログでサムネイル選択後にOKボタンを押してもサムネイルが保存されない不具合を修正

2021/3/6の更新 (Ver 1.223)

  • 【要望】game.iniがNonActiveAnimationStopをサポートするように対応。
    このキーワードに1を設定すると、ウインドウが非アクティブになってもゲームの動きは停止しません。
    敵AIが完了するまで別の作業をしたいなどの用途に使用できます。
    現在、「ファイル」メニューから「game.iniを開く」を選択して編集します。
  • 【要望】SRPG Studioの初回起動時にポップアップを表示するように対応
    サンプルゲームへの導線を分かりやすくするための画像になります。
    初回起動情報は、テストプレイ実行後にoption.datに保存されます。
  • 【バグ】ショートカットでデータにアクセス(ジャンプ)する際の不具合を修正
    ショートカットとは、「データ設定/プレイヤー」で右クリックして表示されるメニューです。
  • 【バグ】イベントコマンドの「メッセージの表示」でID変数を連続して使用する際の不具合を修正
  • 【バグ】マップチップファイルが削除されていた場合に、地形効果タブを開いた際の不具合を修正
  • 【バグ】ストックアイテムの預ける/取り出す時に、情報ウインドウが更新されない不具合を修正

2021/1/29の更新 (Ver 1.222)

  • 【要望】リソースメニュー/アニメファイル/インポートで表示されるダイアログに「saniファイルを開く」項目を追加
    saniファイルをドラッグアンドドロップで検出できない場合は、この項目によってsaniファイルを開くことができます。
  • 【要望】アニメダイアログにて、スプライトをマウスで囲っている時に、右クリックメニューを表示できるよう対応
    「次のフレームにコピー」という項目を選択することで、囲っているスプライトを次のフレームにコピーできます。
  • 【バグ】イベントでセーブ画面が表示される場合にスキップ処理でエラーが生じる不具合を修正
  • 【バグ】root.saveScreenShotをイベントコマンドから実行した場合の不具合を修正
  • 【バグ】戦闘準備でゲストユニットにステートを与えてもマップに反映されない不具合を修正
  • 【バグ】戦闘準備でユニットの全体処理コマンドを実行した場合、ゲストユニットが含まれない不具合を修正
  • 【バグ】戦闘準備でゲストユニットが所持する支援スキルがプレイヤーに反映されない不具合を修正

2021/1/8の更新 (Ver 1.221)

  • 【要望】ダイアログのタイトルバー(閉じるボタンの横)に?ボタンを追加
    ?ボタンを押すと、そのダイアログの仕様を解説するマニュアルをブラウザを起動して表示します。
    ツール/オプション/エディタでオフにすれば、?ボタンを非表示にできます
  • 【要望】LoadSaveManagerオブジェクトにsyncInterruptionFileを追加
    ユーザーによって中断ファイルがゲーム起動中に差し替えられることを想定する場合は、
    このメソッドをgetInterruptionFileInfoの前に呼び出します。
  • 【要望】テキストのエクスポート時に選択肢も含めるよう対応
  • 【要望】武器タイプの相性設定にマイナスを指定できるよう対応
  • 【バグ】バトル時にゲームをリセットした時に、以前のバトル情報が初期化されない不具合を修正

2020年の更新履歴はこちらから確認できます
2019年の更新履歴はこちらから確認できます
2018年の更新履歴はこちらから確認できます
2017年の更新履歴はこちらから確認できます
2016年の更新履歴はこちらから確認できます
2015年の更新履歴はこちらから確認できます
素材の更新履歴はこちらから確認できます